動きをゆっくりにする理由

「繊細~粗雑」

 

「意識をして」

ヨガのクラスに行くと、この言葉が必ずと言っていいほど

インストラクターの先生が言っていると思います。

どのクラスに行っても、

だいたいの先生が

「意識をして」

または、それに替わるような言葉を言っていると思います。

 

意識をして、と言われても

イマイチよくわからないな~

という方もいるのでは?

 

それは何故かというと、

普段生活をする上で、意識ってあまり必要ないから・・・

なんですよね。

 

何も考えないでいると、当然

「外側」への意識が大きくなり

「身体の内側」への意識はなくなっていきます。

 

家電製品が家の家事をやってくれて

身の回りにはものがあふれ、

きらびやかなシャンデリアや

あふれるような料理ばかりが視覚に入ってくる。

 

感覚を研ぎ澄ませなくても、食べ物は手にはいる。

感覚を研ぎ澄ませなくても、安全な家の中で眠ることができる

 

しかも、意識をしなくても、人間の臓器は

ちゃんと動いてくれてしまう。

心臓へ意識を持っていかないと、心臓が止まってしまう人はいない、ですよね?

 

だから、最初は

「意識する」が難しいのです。

 

特に、「繊細に」意識することは

至難の業。

 

「動きをゆっくりにする」

ということは、繊細に意識する練習の第一歩なのです。

その、ゆっくりの動きの中で、

身体の動き、

エネルギー

を感じ

微細な動きを感じ取っていく。

のですね。

 

「チャクラ」

というエネルギーのコントロールセンターのようなものが、

背骨に沿って並んでいます。

こんな感じで。

031384

 

このチャクラのエネルギーは

お花のような図形で描かれるのですが、

その花びらの数が、

会陰部近くにあるチャクラのほうが、少なく、

頭頂にあるチャクラの方が、多く、

描かれています。

 

119387

 

これは何を意味するか、というと

会陰部近くのチャクラの方が、エネルギーの波動が粗く、

頭頂近くのチャクラの方が、エネルギーの波動が細かい、

ということです。

 

瞑想をするときに、

胸のあたりに意識をもっていったり、

眉間のあたりに意識をもっていきますよね。

これは、

例えば、筋トレなど身体の外への意識運動よりも

瞑想の方が繊細な意識が必要であるからで、

より高い次元のチャクラに意識をもっていくことで

瞑想状態にマッチしている

ということがわかると思います。

 

YunaYogaでは、

このようなヨガのお話を

レッスンが始まるまえに、全員が集合し

お会計が済んで、レッスンまで時間がある際に行っています。

※時間の都合等によりお話ができない場合もあります

 

いつも疑問に思っていることなどのご質問への回答もしますので、

何かモヤモヤ感じている場合は、いつでもご相談くださいね♪

 

最後まで読んでくださって、ありがとうございました☆

☆・:゚* *゚:・☆ ☆・:゚* *゚:・☆ ☆・:゚* *゚:・☆

↓↓↓ いろいろと資料を作ってます(*^^*)!

もちろん全部無料! 見てみてね ↓↓↓

あなたの悩みを解決して、夢を叶えるメルマガ
mailmaga

 

☆・:゚* *゚:・☆ ☆・:゚* *゚:・☆ ☆・:゚* *゚:・☆

プライベート・ヨガスタジオ【Full Bloom】
横浜市中区 関内のヨガ教室 YunaYoga

関連記事

頂いた愛を還元したいと思い…
ストレスマネジメント呼吸★瞑想クラスのチラシを作ってみました♪
【いつもより柔らかくなった!】股関節エクササイズを入れたヨガクラス♪
スマイル0円です★7月スケジュール★YunaYoga
ヨガのお話について
右の頬をぶたれたら、左の頬を差し出すのが分かるようになる♪
【ボルタレン1日3錠】生理痛→ヨガで治ったのでは「ない」?
心が自分と離れた時に成長があるのです
【ヨガのポーズが出来ない】突然、全てが出来るようになる時
ヨガナンダ あるヨギの自叙伝の内容が…
オームを唱える意味
足の指への意識について
【カルマ解消のヨガ】日本人素敵♪
ソーハム瞑想について … SO HAM
guna…バランスをとることで、エゴをなくして真実へ繋がる♪

Menu

HOME

 TOP