インドの伝統医学☆アーユルヴェーダ

アーユルヴェーダの浄化法

アーユルヴェーダでは、「不要なものを排出する」ことが非常に大切だとして、
様々な浄化法が提唱されています。
それも、西洋医学のように「薬を使って一気に」ではなく、
体に負担がなるべくかからないように少しずつ、毎日の積み重ねで行っていきます。
額に温めたオイルをたらすことで中枢神経をリラックスさせて瞑想状態をもたらす
「シロダーラ」という方法や、 オイルマッサージをすることで代謝をよくして毒素を排出する
「アヴィヤンガ」という方法など、色々とあります。

お風呂上りなどに、乾燥を防止するためや美肌のために、
ボディローションやクリームを塗る方もいると思いますが、 アーユルヴェーダでは、こういったクリームではなく、「ごま油」を使います。
オイルをボディにマッサージする方法を「アヴィヤンガ」と言い、
正式な方法では細かく色々と順番がある…のですが、
今はここでは省略します。
正式な方法ではなくても、オイルを皮膚に塗るだけでも乾燥肌がみるみる潤ってきて、
とても良い感じです♪

その「ごま油」ですが、
アーユルヴェーダのトリートメント用に売られているごま油が通販で売られていますので、
そういったものを購入するか、
購入できない方は、スーパーに売っている「太白ごま油」を湯煎で
(100度以上にするとセサミンがこわれてしまうそうなので、100度を超えないために湯煎)
20分~30分以上加熱して、冷ましたものを 使うのだそうです。
肌に吸収されるものなので、可能ならばオーガニックのごま油をご購入ください。

ごま油は、人の肌ととても相性が良いそうで、よく吸収されます。
ごま油に含まれているセサミンは抗酸化物質。
他にもオリーブオイルやホホバオイルなどもとても良いオイルではありますが、
アーユルヴェーダではごま油を使用しています。
とても肌になじんで、良い状態になると思いますので、
高価なボディクリームは少しお休みして、セサミオイルを使ってみませんか?

また、「ナスヤ」という、鼻粘膜の浄化方法があります。
ナスヤをすることで、なんと、
アレルギー性鼻炎がやらわいだり、頭痛、抜け毛、若白髪…などに効果があるそうですよ☆
私も、ナスヤを始めてみました。…これは、、、スゴイ!!!

というわけで、「ナスヤ」の方法についてと、「ナスヤ」に使用する「アヌタイラ」というオイルについてはこちらをご覧ください♪
※もちろん、ごま油を使っても大丈夫です!

「アヌタイラ」を使って花粉症対策!へ続く

スパイス、ハーブ

コピーライト

本サイト内で使用している文書、写真を無断転載することは、一切お断りします。

ホームページやブログ上で文章を引用する際は、
YunaYogaのホームページから引用したことと、URL「http://yunayoga.net」を必ず記載してください。

Copyright © 2011-  YunaYoga  All rights reserved.
Design by http://f-tpl.com